2020年06月30日

昭和20年のいさごや

戦後昭和30年2.jpg

それは突然のお尋ねでした。

「山田風太郎氏という今は亡き作家の方が書いた
昭和20年の日記を漫画にしています。
その日記に羽前大山の親戚の家に一瞬疎開して、
湯野浜温泉のいさごやに泊まったという記録があって、
もし戦前のいさごやの写真などがあれば参考にしたいのですが」という
週刊漫画誌モーニング編集部さんからのメールでした。

何故今、昭和20年? 何故湯野浜?? 
たくさんの疑問がありつつも
これも何かのご縁と、
古いアルバムを繙いてみました。

意外に年号や、建物などがハッキリと
わかる写真というのは結構なくて
かなり苦戦しました。
唯一昭和20年と書かれていた写真は、
玄関前で撮った学童疎開の方たちと思われる
集合写真でした。
湯野浜の歴史の記述には、
「昭和20年 戦災による疎開者が114世帯710名に達し
この年湯野浜の人口は史上最高」とありました。

ご興味のある方はぜひ。

モーニング表紙.jpg





風太郎不戦日記.jpg

















posted by 游水亭いさごや at 00:14| 游水亭いさごや